「橋本病」と「ゆらぎの時期」と診断された時の私の症状

実は、このブログを始めてからすぐに人生初の人間ドックを受けました。
過去に胃カメラで、胃に黒い何か(検査済み・悪性ではなく完治してます)があった経験もあり、胃腸と肺だけは心配していたのですが、まさかの病気が見つかってしまいました。

「橋本病」と「ゆらぎの時期」と診断された時の私の症状

元々、フィットネスクラブでインストラクターをしていた経験もあって、ダイエットブログを始めたのですが、どうにもこうにも動く気になれない。
今までなら簡単に整えらていた体型も戻らない。
こんな気持ちで記事を書く事が出来ない。。
なんて落ち込む日々でした。

こんな事が続いていて、私はまだ「軽度の橋本病」と「ゆらぎの時期」だけなのでそこまでひどい症状ではないのだろうと思いますが、橋本病をお持ちの方や、ゆらぎの時期でお悩みの方に少しでも参考にして頂けたらという思いで記事を書き始めました。
自宅でより快適に過ごす方法や、運動不足解消法など色々と挑戦してみて、これはいい!
ていう事を皆様と分かち合いたいなって思っています。

カラダの変化を感じ始めた頃の様子

インストラクターを引退したのは一か月前、2020年6月末なのですが、さかのぼる事2年ほど前から、カラダの変化は感じ始めていました。
それまではインストラクターとして、勤務日数は週4ですがなかなかハードなレッスンをこなし、午後は毎日スイミングのコーチとして働く日々を過ごしていました。

キュッとした足首もあったし、子供二人産んだの?なんて言ってもらえるほどのくびれもあって。(もう、二度と手に入らないと思われるので過去の栄光として、自慢させてください!笑)
160cm、体重49kg 体脂肪率23%前後の細すぎず、余分なもののない体形を、アラフォーながら維持してきました。完全に自己満足の世界ですが。

それが、いつからか少しづつ身体の変化に気付きはじめました。

なんとなく疲れが取れない気がする。
なんとなく頭が重たい気がする。
なんとなくむくんでる気がする。

しっかり動いているのにどんどん体重は増えていきました。
2020年3月、コロナ自粛前の時点で54キロほどになり、体脂肪率は28%超えていたのです。

「橋本病」と「ゆらぎの時期」と診断された時の私の症状2

始めの頃は、なんとなくなので、ちょっと疲れてるだけなんてごまかしながら。
それが、だんだん「もう歳だからかな?」なんてネガティブになって。
同じ食生活で同じ運動量では、身体がついていかなくなり、それでも仕事は減らせれる訳ではありません。

ほぼ毎日、娘たちと一緒にベッドに入っても、真っ先に気絶するように眠ってしまう日々が続いていました。

橋本病と診断される前のカラダの様子

2019年に入って、さらにハードなレッスンを担当する事になり、ますますカラダは辛くなっていきました。

それまでは、午後のプールの時間でむくみも何とか抑えられていたのだと思いますが、プールの後も朝起きてすぐも、アキレス腱はもういなくなってしまっていました。

橋本病やゆらぎの時期って、本当に人それぞれだと思いますが、特にひどかった症状をまとめるとこのような感じです。

  • 午後からの頭痛
  • 疲れが取れない
  • 朝からずっとむくんでる
  • イライラする
  • ネガティブになる
  • 無気力になる
  • 太る

実は、この頃に同時進行で娘が学校に行けなくなってしまったり、我が家はシングルで母と同居が上手くいかなかったりで、ストレスもかなり影響があったのだろうと思われますが…。

それだけで片付けられるほどの症状でない感じはあったのです。

診断結果 人間ドックから甲状腺科→婦人科へ

初の人間ドックでしたが、体脂肪率で保健師さんからの指導がありましたが、それ以外は大丈夫!だなんて思っていたのですが。。。

最後の、医師の診断でまさかの結果。。。
甲状腺異常の所見ありで、再検査Dだったのです。

身内にも甲状腺異常の人はいませんし、あまり聞いた事もないような病気で「まさか自分が…。」を始めて体験した瞬間でした。

そこから1か月後、地元の甲状腺の病院で診断をしてもらう事に。
結果は「軽度の橋本病」でした。

しかし、問診で婦人科系の症状が多いので婦人科に行くようにとの指示が。
薬は、一度使い始めるとやめられないので、婦人科で診てもらってから考えようとの事でした。

そんな流れで、先日婦人科を受信してきたのです。

もう、今までの流れで気付いてはいましたが、やはり更年期障害の前の「ゆらぎの時期」に入ったのでしょうという診断でした。

その結果、甲状腺の薬はやめておいて、婦人科で1か月間という事で漢方の服用を開始いたしました。

「ツムラ 当帰芍薬散」トウキシャクヤクサン
ツムラの漢方23番のものです。

漢方については、まだ始めたばかりなので、また経過報告していきますが、こんな流れでようやく自分とちゃんと向き合える事が出来ました!

ちなみに今は、仕事を辞めて自宅でPCとにらめっこな生活になり、58キロ超え、体脂肪率30%超え…。
一度は自暴自棄になり暴飲暴食を繰り返してしまいましたが、今はココロも安定してダイエットを開始しております!

これからの事 ココロもカラダも快適に過ごしたい

体調不良はもちろんですが、同時に娘の不登校が始まり、どうにも心配で長時間の勤務は私の精神的にもきつくなり、在宅ワーカー目指して退職したのです。

いくら軽度の症状とはいえ、ココロもカラダもできるだけ快適に過ごしたい。

「橋本病」と「ゆらぎの時期」と診断された時の私の症状3

その為に、自宅でより快適に過ごす方法や、運動不足解消法など色々と挑戦してみて、これはいい!
ていう事を皆様と分かち合いたいなって思っています。

長くなりましたが、皆様とともに成長したいと思いますので、どうか宜しくお願い致します♡

タイトルとURLをコピーしました