3時のおやつは大正解!3時の間食がいい理由。

みんな大好き、おやつの時間!
私も大好きなおやつ!秘密ですが、ほぼ毎日おやつの時間を楽しんでおります♪

皆様はどんな風におやつの時間を作ってますか?どんなものを食べていますか?
今日は、食べる時間や食べるもの、なぜそれがいいのかを調べてみました。

普段のおやつ習慣、食生活と比べながら読んでみて下さい。

3時のおやつは大正解!3時の間食がいい理由。1

1.時計遺伝子 BMAL1

タイトルにもある通り、早速結論ですが…おやつは15時までが太りにくいのです。

まずは、『BMAL1』(ビーマルワン)という時計遺伝子のお話になります。あまり聞きなれない言葉ですが、これは体内時計を正しく保つ役割を担っているたんぱく質で、脂肪を蓄積させる酵素を増やす、脂肪を分解する酵素を減らす働きがあります。
コワいですね。とはいえ、アンチエイジング効果も期待できるものなので、毛嫌いせずにうまくお付き合いしていけばいいたんぱく質なんです。

このBMAL1が、高い時には脂肪をため込みやすくなります。逆に低い時には脂肪のため込みを抑えられます。ならば低い時に間食を♡ってな訳なのです。

高い時のピークは21時~翌2時頃まで、これが朝にかけて徐々に下がっていき一番下がる時間帯が14時から15時頃。結果、おやつは15時までなんですね!

2.空腹時間、気にしてますか?

もう一つの理由としては、空腹時間の長さもあるのです。
空腹時間が長すぎると…血糖値が下がりに下がってしまいます。
その結果、次の食事の時には腹ペコなのでドカ食いにもつながり、血糖値も急激に上がってしまうのです。

また、急激に上がってしまった血糖値は下がるときも急激なので、ニセの空腹感に襲われる原因にもつながります。

ニセの空腹感を撃退するのも我慢が必要なので、なるべくそのような状況にならない工夫ができると、さらに楽に痩せていく近道になります!

とはいえ、仕事の都合などで空腹時間が長くなってしまう事も…。
そんな時には、おにぎりなど少しでもお腹に入れておくだけでも、血糖値や空腹感のコントロールが出来ますね!

3.何をどのくらい食べていいの?

正しい間食の量は知っていますか?
カロリーだと1日1回、MAXで200kcalまで、もしくは摂取カロリーの10%まで。摂取カロリーが1800kcalだと180kcalほどが適量です。
これ以上は、いくらいい時間とはいえカロリーオーバーだったり、夕食への影響だったりで少しの我慢も必要です。

ではでは、ここからはおすすめおやつのご紹介!
ゆで卵→1個80kcal  ベビーチーズ→1個50kcal ナッツ類→20~25gで200kcal
グラノーラ40g+ヨーグルト(銘柄による)→200kcal
このあたりが腹持ちも良く、女性に不足しがちな栄養素も含まれています!
あとは、食べ過ぎ防止のためにお皿に取り分けて楽しんで下さいね。

3時のおやつは大正解!3時の間食がいい理由。2

とはいえ、たまにはケーキのご褒美も嬉しいし、モチベーション維持にもつながりますよね。そんな時には、カロリーオーバーには目をつぶって『シュークリーム』をオススメします。
え?と思うかもしれませんが、シュークリームにはスポンジがないので糖質ひかえめ、中のクリームはたんぱく質も多く含まれているのです!
ちなみに、中のクリームは生クリームではなくカスタードでお願いします。

4.おやつのまとめ

おすすめの、おやつを楽しむ方法をお伝えしてきましたが、いつものおやつタイムと比べていかがでしたか?
同じものを同じ量食べても、太りにくいのならその方が何倍もおやつタイムを楽しめますよね!

ただ、これも規則正しい生活があってのことです。
3食しっかり食べて、しっかり休養して、おまけのご褒美のおやつタイム!
生活リズムが崩れると、吸収も変わってきますのでご注意を。

BMAL1の余談です。
寝る前の間食が1番太りやすいのはご存じの通りですが、BMAL1がピークの時では、1番低い時と比べて吸収が50倍という事も!

正しく食べて、キレイに痩せたいですね!

タイトルとURLをコピーしました