始めよう!美と健康の睡眠活動!

突然ですが、あなたは良質な睡眠がとれていると感じていますか?
寝つきが良くない、夜中に目が覚めてしまう、など、眠りの悩みは辛いですよね。

ここでは良質な睡眠で得られるメリットと、良質な睡眠へ導く運動習慣をお伝えします。
良質な睡眠活動で、美と健康を手に入れましょう!

始めよう!美と健康の睡眠活動!1

良質な睡眠には、驚くほどのメリットがあるんです!
早速、詳しく見ていきましょう!

1 日本人の5人に1人が睡眠障害?

いきなり重たい話になってしまいますが、日本人の5人に1人は睡眠時に何らかの問題を抱えていると厚生労働省のデータで分かっています。
その中でも、特に働き盛りの40代男女の睡眠時間が6時間未満という心配な結果なのです。

日中眠くなる回数が多かったり、休日の朝に起きられなかったりするのは睡眠時間が足りていないサイン。
こうなってしまうと、夜の寝つきにも影響がでてきてしまい、さらなる睡眠障害となって襲ってくるのです。

あなたの睡眠はいかがですか?

2 7時間睡眠が病気・死亡リスクが1番低い?

では、何時間睡眠がとれれば良いのか……気になるところですよね。
厚生労働省では、6~8時間を推奨しています。
その理由としては、病気のリスクにあるのはみなさんも想像がつくでしょう。
睡眠不足での病気のリスクとしては
・高血圧 ・心疾患 ・偏頭痛 ・胃腸障害 ・糖尿病 
などの疾患に加え、うつ病などの精神疾患にも陥りやすいのです。

では、寝すぎてしまう睡眠過多ではどうなのでしょう。

実は、睡眠過多でも同じように疾患のリスクもありますがその他にも
・脳の機能低下 ・妊娠しづらくなる ・体重が増える
などのデータも明らかになっています。
さらには1晩に8時間以上の睡眠習慣で死亡率は1.3倍となるのです。

これらのデータから、7時間睡眠が病気・死亡率ともに1番低いことが証明されています。

3 夕方の運動が良質な睡眠を連れてくる!

普段から、運動の習慣はありますか?
睡眠に対しても、運動で良質な睡眠を得られることが分かっていますが、ここでは寝つきが良くなる運動習慣という視点でお伝えしていきます。

まずは、寝つきのメカニズムとして
眠気がさして入眠に至るまでには、手足から体熱が放出され、身体の深部の体温を低下させていくというプロセスが必要です。
就寝時間に合わせて体温が下がる手助けを、運動で取り入れていくのです。
そんなに激しい運動は必要ありません。近所をお散歩しながらのウォーキングでも大丈夫です。

夕方に運動で温まった身体がゆっくりと体熱を放出しはじめ、入眠しやすくするのです。

ただし、睡眠直前に運動をしてしまうと身体が起きてしまい逆効果ですのでご注意を。
その場合には、ストレッチやヨガなどが入眠を促す作用もあるのでおすすめです。

4 睡眠ホルモンで若返る!

睡眠に入りたてのタイミングで、とっても大切な『成長ホルモン』が分泌されます。
このホルモンは、成長期の子供だけではなく大人にも大切なものなんです!

成長期には、身長をのばしたり筋肉をつよくしたり、その名の通りですが大人になると
・体内の物質をエネルギーに変える
・疲労回復
・身体の調子を整える
・若さを保つ
・精神の安定

・生活習慣病予防
こんなに素晴らしい力を発揮してくれるのです!

ただ・・・
残念ながら、成長ホルモンのピークはおおよそ18歳頃といわれていて、20歳を過ぎたあたりから少しづつ減少していってしまいます。30~40代ではピークの50%、60歳では30%まで低下してしまいます。

この成長ホルモンの低下は、先ほどお伝えした素晴らしい効果が逆になって攻撃してきます。

でも大丈夫!
成長ホルモンは、日々の生活で増やすことが出来るのです!


・良質な睡眠
寝ている間に成長ホルモンは頑張ってくれます!
・軽い運動

良質な睡眠には欠かせません!ストレスの軽減にも!
・空腹時間を作る

空腹時間にも成長ホルモンは分泌されます!
空腹時には、胃腸から空腹ホルモンが分泌され、成長ホルモンの分泌を促してくれるのです!

成長ホルモンの増加は、いいことだらけ!
この3つを意識して過ごしたいですね!

5 朝の習慣で幸せになる!

朝、すっきり目覚めてますか?
アラームが聞こえる前に、自然に起きられたら嬉しいですね!

・朝起きたら、外に出たり窓の近くで朝日を浴びましょう

朝日を浴びることにより、身体の中で新しい1日のリズムが始まります。
身体が活動スイッチをONに切り替わり、体内時計もリセットされ整うのです。
この、朝日を浴びるメリットはこれだけではありません。
幸せホルモンといわれる『セロトニン』の分泌スイッチもONになるのです!

セロトニンは、精神を安定させストレスを軽減させる働きがあるので、その日1日頑張ろう!というパワーを与えてくれます。

ストレスに負けない身体の為にも、セロトニンスイッチを意識しましょう!

始めよう!美と健康の睡眠活動!2

6 まとめ

良質な睡眠についてお伝えしてきましたが、どうでしたか?
睡眠は、多くても少なくてもリスクがある事が分かりましたね。
ただし、睡眠については個人差も大きいですので、参考にしつつ、ご自分に合った睡眠時間や入眠方法を見つけて頂けると嬉しいです。

どれも今日から始められる、メリットいっぱいの簡単な習慣です。
良質な睡眠を手に入れて幸せな1日を過ごしましょう!

タイトルとURLをコピーしました